アーチ型ファスナーBagのパターンをご購入くださいましたお客様、
検討してくださっていますお客様へ



ファスナーに関する補足です。 どうぞお読みくださいませ。


アーチ型ファスナーBagで使用しますファスナーは、バッグ口(開閉口)とポケット口の2種になります。
それぞれについて、説明させていただきます。


■ バッグ口のファスナーについて
バッグ口の長さは、下記のようにタイプにより異なります。
Aタイプ Bタイプ Cタイプ Dタイプ
約45cm 約36cm 約27cm 約28cm
※ 縫い代込みの長さです
左端足し布+ファスナーの長さ+右端足し布=バッグ口の長さ
となる様、ファスナーの長さ・足し布の長さを決めます。
           (補強・デザイン性の意味でも、両端に足し布は必要になります)

ですので、使用するファスナーの長さには、ある程度幅を持たせることが出来ます。
パターンの詳細ページでは、必要なバッグ口ファスナーとして、
Aタイプ Bタイプ Cタイプ Dタイプ
30cm 30cm 22cm 22cm
としていますが、それぞれ、2cm位の長短ならば対応できます。(例: 30cmならば28〜32cmのファスナーで)
   ※ パターンの作り方ご案内では、そのような記述をさせていただいています。
お手持ちのもの、または手に入りやすい長さのものをご利用していただければ、と思います。

AtelierRIKO Materialでは、 22cmと30cmのバッグ口ファスナー(金属ファスナー)をご用意しています。
玉付きファスナーに比べ、ファスナーのムシ・テープの幅も広く、バッグ口には向いていると思います。
ムシの幅 テープを含む幅
バッグ口ファスナー 約5mm 約30mm
玉付きファスナー 3mm強 約25mm
他、市販のコイルファスナー、ビスロンファスナーもいいかと思います。

===============================================================================================

使用するファスナーが決まりましたら、足し布に必要な長さを確認して下さい。

4タイプ共通の作り方としていること、長さを限定できないこともあり
パターンの作り方ご案内(別紙 バッグ口のファスナーの付け方)では、例として5cm程(半分に折った長さ)とし
”念の為に長めに準備しましょう”との記述になっております。

Aタイプの場合は、32cmファスナーを使用したとしても足し布5cmでは、バッグ口の長さに達しません。
間違いを招きやすい記述であること、お詫びいたします。 ('06.10月後半〜 説明を追記しています)
Aタイプの場合の足し布に必要な長さを、使用するファスナー別に(例として3種)表記いたします。
参考にして下さいませ。
Aタイプに必要な、足し布の長さ
ファスナーの長さ 28cmの場合 30cmの場合 32cmの場合
足し布の長さ 9cm 8cm 7cm

■ ポケット口のファスナーについて
ポケット口の長さは、デザインとスペースを考慮し
Aタイプ Bタイプ Cタイプ Dタイプ
16cm幅のもの3つ 11cm幅のもの1つ 12cm幅のもの1つ 12cm幅のもの1つ
としていますが、
お好みによって、省くことも出来ますし、ポケット口の長さを1cm位の長短ならば、変更することも可能です。
  (その際、フラップの長さも変更することを忘れないで下さいね)
1cm長く(又は短く)する場合は、ポケット口両端を5mmずつ広げて(又は狭めて)下さい。

  ※ Aタイプの斜めポケット&縦ポケット、Bタイプのポケットの長さは、変更しないことをお勧めします。
                                           (スペース、フラップなどの関係です)

===============================================================================================
使用するファスナーの種類ですが、
お好みでムシの部分が金属のものでも、ナイロンのものでも、どちらでもいいと思います。

フラップをつけず、ファスナーのムシ部分が露出する場所には、玉付きファスナーを使用しています。
これは、単に私の好みです(笑)  ムシが金属の方が、見せる場合は好きなのです。
(玉付きファスナー、サイズ豊富にAtelierRIKO Materialにてご用意しています)

ムシの部分がナイロンの、エフロンファスナー(現在は製造中止となり、”フラットニット”になっていますね)は、
自分でカットして長さ調節が出来る長所があります。
その際には、ファスナー下止めを使用するとより安心です(AtelierRIKO Materialにてご用意しています)。


以上を考慮の上、ファスナーをお選び下さいませ。



***********************************************************


以上です。
何かわからないことなどありましたら、ご遠慮なく聞いて下さいませ。
お問い合わせ


どうぞ、よろしくお願いいたします。

('06.11月記)