■ ファスナーポケットの縫い付け

@ パイピング処理 (折り返し処理の場合、この工程はスルー)
本体のファスナー口をパイピング処理をします。

左画像は、15mmの綾テープでくるんでいます。
布をバイアスにカットしたものでもOK。
市販のテープを使うと、切れ端を気にせず、半分に折ってくるめるので、楽です。

”裏側が縫い目から外れてしまう”という失敗を経験されている方も多いと思います。
裏側の方の幅が表側より少し多くなるようにくるみましょう。少しならば、さほど仕上がりに影響ありません。

目打ちで押さえながら、少しずつミシンを進めましょう。

   ※ この工程は、ファスナーポケットを縫い付けた後でも大丈夫です。


A ファスナーポケットを本体へ縫い付ける

ファスナーの始点と終点の位置が
布端から1.5cmの位置になるように
ポケット部の布と合わせます。
        (ファスナーは表側)

  ファスナーテープとファスナー部の布を1cm弱(8mm程度)重ね、縫い合わせます。
  ファスナー押さえを使いましょう。
  下糸をファスナーの色に合わせる事を忘れずに。 目立つ部分です。


本体の上部から5cmの位置に
マチ針を打ち、印とします。
  ※ 本来ならば、マチ針を打った場所の裏側にも、接着テープを貼るとより補強になります。
    今回は、本体の布がしっかりしている事、一重仕立てなので内側の接着テープが
    使用時に直接触れる事(はがれてしまう可能性があります)で、省いています。


マチ針の位置と
ファスナーテープ(裏)の端

そして
本体とファスナー部の布の端が一致するように
      (画像の点線)
合わせます。

マチ針orクリップで
留めておくとより安心。

ファスナーテープの端から
1cm弱(8mm程度)にミシンを掛け
縫いとめます。


今度は、上糸をファスナーの色に合わせましょう。

ポケット部の下部(底)を
縫い留めます。

本体の輪の部分(画像の下端)
から約5mm上の位置になります。
適度なふくらみを持たせるように
しています。

位置を慎重に確認してから
縫いましょう。
(縫う時は、輪を開いてね 笑)

ファスナーの両端部分
(画像の ○ の部分)
テープの形を整えて
黄色点線のように
ミシンで仮押さえ
しておきましょう。


Back Next