■ 裁断
本体ポケット部の2パーツから成っています。
どちらも直線のパーツなので、直断ちしましょう。 縫い代を1cm含めた寸法です。

@ 本体の裁断
縦の寸法は
上ファスナー口の処理によって
変わります。 (下画像参照)

パイピング処理の場合 :
折り返し処理の場合 :
 21cm
 23cm

※ 折り返し処理の方が
     工程が少ないです。


パイピング処理 折り返し処理



上ファスナー口の
処理が異なります。


A ポケット部の裁断


 本体と同じ布でもいいし、
 組み合わせを楽しんでも。
 パッチしてもかわいいだろうなぁ〜♪

■ 前準備
ファスナーを使う場合、縫い付け部分に接着芯を貼ることが必要です。
伸び止め、補強の為。 仕上がりにも違いが出てきます。

縫い代部に貼るか、出来上がり線より内側に貼るか?
使用する素材(厚み)、貼る場所によって判断に迷うところです。
今回は、一重で作る仕様ということもありしっかりした生地を使用しますので、
どちらでも構わないと思います。 (縫い代に貼った方が楽ですね)
私が常備している、平織りの接着テープです。
(メーカーなどいろいろあります。 どれでもOK)
6mm、10mm、12mm、15mm。 50m巻き。
接着芯を細く切ってももちろんいいのですが、
これがあると、とても楽です。
さほど、値が張るものではありませんし(笑)
1つ揃えるとすると、10mmがお薦めでしょうか。


@ 本体の上下、ポケット部の上部に接着芯(接着テープ)を貼る。
   (本体、ファスナー口の処理方法がいずれかに関わらず、上下に同様に貼ります)
↓ ポケット部
出来上がり線より内側に接着芯を貼った
画像ですが。(なんとなく血迷いました)
縫い代部に貼ってもOKです。その方が楽です。
 ※ 本体の左端も白く、接着テープを貼った様に見えますが、これは布の耳です。
    紛らわしくてごめんなさい。


A 縫い代始末
本体(折り返し処理の場合のみ) :
ポケット部 :
 接着芯を貼った部分(上下)
 接着芯を貼った部分 & 下側

  それぞれ、縫い代にロックミシン(ジグザグミシン)をかけておきます。
  本体、ファスナー口をパイピング処理する場合は、必要ありません。

  折り返し処理の本体とファスナー部、縫い代1cmを内側にアイロンで折っておきましょう。
折り返し処理の本体 ファスナー部

     それぞれ、ロックミシンを掛けて、縫い代を折った画像です。
  ※ 本体は、折り返し処理をした布(ピンクのやぎさん)の画像です。

 


Back Next