■ 製図をしましょう & 裁断
チビころバネポ Making”をどうぞ先にご覧下さい。


製図は、チビころバネポAタイプの物を参考に → 
変更点は、こちらです → 
   まとめますと、
      ・表布の側面と中央布 : Aタイプと同様
      ・内布の側面と中央布 : Aタイプの物に、高さを1.5cm加える。
      ・上部布 : こちらが主に違いますので、 ↑の製図をよくご覧下さい。
              ファスナー用台布は、
              薄手の布(ローンでは薄すぎ)がごろつかなくていいです。
              ファスナー穴の周りに薄手接着芯を貼っておきましょう。

■ 縫製1
@
表布・内布それぞれ
側面と中央布を縫い合わせます。
(縫い代に切込みを入れ、中央布の方に倒してステッチを入れる)

??
内布の方が1.5cm高さが高いはずなのですが(Makingとして失敗じゃ!)

表布の方の上端は、縫い代がある状態。内布の方は縫い代は不要ですので、
+1.5cmの線で、裁ってあります。


A 表布に、上部布をつけます。
  上部布の脇を縫い合わせて輪にし、中表に合わせて縫い合わせます。
  ※ ストラップをつける紐or金具を挟む場合は、先に仮止めしておきましょう。


月カンを通した紐を両側に挟みました。

   縫い代を本体側(下側)に倒してアイロンをかけ、ぐるっと一周ステッチをかけましょう。


B 内布本体を、表布に仮留めします。
内布本体は、表布本体よりも1.5cm高さがある為、 高さ2cmの上部布実線よりも、0.5cm下の位置が、内布の所定の位置になります。

何故、内布の高さを+2cmにして、上部布の高さと一致させていないのか?
それは、できる限り縫い代のごろつきを防ぎたいからなのでした。
… なんだか、面倒な説明でごめんなさい。


合印をとりながら、大きな針目でぐるっと一周仮留めしましょう。
このミシン目は、後で解きます。
もちろん、しつけ糸で手縫いしてもOKです。


Back Next