サイフバネの使い方


AtelierRIKOのMaterialでもお分けさせていただいています、
あさひこーげいさんのサイフバネ。
手軽で使いやすく、手作りにはもってこい!
サイフバネを使った、ばねポーチの作り方を
ご紹介させていただきます。
あくまで、私なりのやり方です。
参考程度に見ていただければと思います。
是非、皆さんも作ってみてくださいネ。





こちらのタイプの作り方を書かせていただきます。

出来上がり寸法 : 最大幅15cm ・ 高さ11cm ・ 厚み2.5cm
必要材料 : サイフバネ12cm 1つ ・ 布、ボタンなどお好みで


布の合わせ方、ポーチのサイズ、厚みetc
もちろんお好みで決めてくださいね。
こちらのタイプは、かさばらない程度の厚みで
ちょっとした小物(カードや、あめ玉、またはナプキンなど)が入り、
手を入れるのにもまぁまぁの大きさでは、と思っています。


デザインを決める時の唯一の(笑)注意点。
 ” バネを通す部分は、あまり厚くならない方が好ましい ” 
厚いと、バネがきちんと閉まらなくなります。
布の素材選び、そして、ギャザーの寄せ方など、注意が必要です。
また、バネを通す部分に縫い代が含まれない方がより好ましい為、
その一つの例として、このようなデザインにしてあります。
表布から内布にかけて一枚布にしても、もちろんOK。
何箇所か、布のはぎ合わせ部分が含まれていても、
厚地ではない限り、平気だと思います。(いろいろ、試してみましょう!)


まずは、布をつなげよう!
表布と内布も、つなげてしまいます。

表布の下の部分。
底になる部分(点線)に、
継ぎ合わせがないタイプです。
(片面ずつ表情を変えてもいいです)

寸法は出来上がり線のもの。
側面の縫い代は、1.5cmくらいとってね。
表布 兼 内布(グリーンギンガム)
を縫い合わせます。
(↑の画像と、向きが違いました)
縫い合わせた部分は、
表から抑えミシンをかけましょう。

これで、表布と内布がつながりました。

縫い合わせます

その前に・・・
口の出来上がり線にアイロンがけ。
(上図のオレンジの実践部分)
印代わりになるし、仕上がりも綺麗です。

そう、作る時にはいつでも近くにアイロンを。
そして、心に太陽を・・・(おまけ)
楽しく綺麗に仕上げる大事なポイント(笑)

(← こちらの画像は、2つ分ですよ〜)

底(点線)を中心に、中表に折ります。

表布の底に厚みを。
底の線を中心に、谷折り。
タグを挟む場合は、
仮止めしておきましょう。

茶色の実線部分を縫っていきます。
布の継ぎ目、開き止まり位置など、
特にきちんと合わせましょう。

ここまできたら、すぐにひっくり返したいところですが、ちょっと待って!
その前にやることがあるよ。
この手間で、仕上がりが変わってきます。

縫い代の余分な部分をカットする。

バネを通す部分 +余分2cm位ずつ
は、多めに縫い代をとっておく。
これは、バネ開閉をしているうちに、中の縫い代がめくれてきたり、糸くずが出てきたりするのを防ぐためです。
  私は、この部分のみロックをかけ(ジグザグでも)、両面接着テープで固定することもあります。
これは、生地の厚み、ほつれ具合などを考慮して判断すればいいと思います。

縫い代を多めにとっておくだけでも、
かなりの効果があります。
内布の底にも、厚みを。

厚みの付け方、2通りありますね。
もちろん、お好みの方でいいのですが、
表布の部分は、断然上記のやり方が手軽。
縫い合わせと厚み付けと、一度に出来ます。
そして、こちら内布の部分は底の部分を縫い合わせなくてはいけない為、こちらの方がbetter。
縫い代を割っておきましょう。

返し口の部分もしっかりと。
縫い合わせる時に、目印になります。

さぁさぁ、いよいよ(笑)  返し口のところから、ひっくり返しましょう!
あと もう少しです!!

   ひっくり返して、
返し口を手縫いでふさぐ。

アイロンで印を付けておいた線で
内布を引っ込める。

オレンジの部分をぐるっと一周縫う。
開き止まりは、返し縫して補強。
(バネ通し口は、1.5cm〜2cm位がいいと思います)

サイフバネの出番です!

サイフバネは、このように、片方だけねじが留まった状態になっています。

上下がありますよ! 注意してくださいね。
ピンの頭が見えるほうが、上です。
(あくまで、見た目の問題ですが・・・)

バネ通し口から、通していきます。
ピンを入れて、留めます。
一度入れると、取ることが出来ないので、
慎重に。

穴がまっすぐになるように閉じて、ピンを差込み、
上からハンマーでトントントン♪

入りが悪くなった時は、無理やりたたいちゃ駄目です! 穴が微妙にずれているのです。
無理やりやると穴の部分がひん曲がります。
穴をよく確認して、再度やさしく、トントントン♪

出来上がりです



何かわからないことがありましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。
また、何かお気づきの点がありましたらご連絡いただけると、ありがたいです。

お問い合わせ・ご意見



このページのすべての内容および写真・デザイン等の無断転載転用はご遠慮ください。

 *  Atelier RIKO  *  Atelier RIKO  *